ピエモンテ・京都 ふたりのおユウコ oyukoyuko.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ピエモンテと京都より ふたりのおユウコがこめすぎるほど愛をこめて綴るリレーエッセイ


by ふたりのおユウコ
プロフィールを見る
画像一覧

いいアクを持つひと


コンコン、京都おユウコさん。
このリレー・エッセイに数ヶ月の空白期間があったことなど、
私ピエ子は見ていないし、気づいてもいませんから。


そうそう。
今日ちょっとなんとなくここに書いておきたいなと思ったのは、
以下のようなことなのです。



粋さとか色気とか、
そんな、いい意味での人としてのアク みたいなものを持つひとって
最近は少なくなりましたねえ。
時代に受ける人のタイプというか流行り、というのはあるんじゃないかなと私ピエ子は思っていて、
上に書いたようなひとというのは、今はあまり人気ないんでしょうね。
ちょっと残念です。
ピエ子としては個人的には、そういうひとを身近に眺めていたいなあ
なんて。

そして。
自分も、そんなひとになりたいなぁ。



ピエモンテおゆうこでした。


[PR]
# by futarinoyuko | 2017-10-29 16:22 | ピエモンテ

こんにちは。
ピエモンテおゆうこです。



最近毎週日曜日に焼くヨーグルトパンケーキ。
d0344845_21454496.jpg














美味しくてとても気に入っている。

このパンケーキには毎回これでもかっ、なくらいのメープルシロップをかけることも恒例なのだけど、
少し気になったことがあったので、
下の写真を京都おユウコさんに送ってみた。

d0344845_00274783.jpg














これ。
フランスで買ってきたBIOのメープルシロップ。

京都おユウコさんからは
「おいしそう」
とお返事がありました。


が。

おユウコさん。

それがね、最初にこれを食べた時に私「アレ?」って思ったのです。

というのが。
メープルシロップに特有のあのメープルメープルした香りがほとんどないのです。
私はなんとなく拍子抜けしたような、なんだかがっかりしたような、
そんな気分になりました。
かける量が少ないのかと思って、“追いメープル” してみたんですけどね、
やっぱり結果は同じなんです。

そこで私、ハッ!
としました。
私の知るあの「メープル香」
多くはもしかしたら香料によるものなんじゃないかしら、って。

「BIO」と書かれているものを盲信しないくらいにはスレてしまったピエ子ですが、
本来ナチュラルなメープルシロップって香りも控えめなのかな、と。
わかりません。
もしかしたらこの10倍くらいの価格のシロップだと香りも強いのかもしれません。
ただ、
一つの可能性として、そういうこともあるのかなと。
そう思いました。



ええと。
だから何なの?って言われると困っちゃうんですけど。
まあ、
とりあえず、
それだけです。



いずれにしても
おいしくたのしく
が一番かな、と
歳を重ねるごとにその想いは強くなりますね。

京都おユウコさん、
また一緒に、おいしくたのしくゴハン食べましょうね。

[PR]
# by futarinoyuko | 2017-05-10 01:05 | ピエモンテ

快晴のピエモンテ、日曜日の朝。

京都おユウコさんが
「ヨーグルトパンケーキ作ろう」
と某SNSで独りごちていたのを目撃したピエ子(ピエモンテおユウコ)

もれなく追随。
(目撃していなくても作っただろうという邪推はやめてください)


そしてピエ子が別のSNSで
「いつものヨーグルトパンケーキとcaffè、そしてgood musicで日曜日を始める」
と書けば、
ピエ子がSNSで目撃したのをつゆ知らずな京都おユウコさんとの間で
以下のやりとりが繰り広げられ

京ユ「私も、日曜日の朝をヨーグルトパンケーキで始めました!」
ピゆ「ええ。それを見て決めたのですー」
ピゆ「#ヨーグルトパンケーキ なかまー」
京ユ「なかまー162.png #ヨーグルトパンケーキ」


その後、別媒体のメッセージで別件でのやりとりをしていたふたりのおユウコ。
ふとピエ子が

「それにしても、ヨーグルトパンケーキヤバいですね。
毎週食べてもちっとも飽きない。
痩せるわけがない」

と書き送れば
以下のやりとり。

京ユ「ヨーグルトパンケーキ、朝食べたら、お昼ごはん食べる気がしなくて、まだ何も食べていません」
ピゆ「私は意地で食べますよ、お昼も!
   たとえお腹が空いていなくても!
   3回しかない食事が1回減るとか、堪え難い・・・泣
   #だから痩せないんだよ
   #それが食いしん坊の証
   #ただの食い意地太郎ともいう
京ユ「#痩せなくていいからw」

いつも通りかなり安定して、とてもふたりらしいコミュニケーションっぷりだったので
このやりとりをリレー・エッセイで暴露してもいいかと
京都おユウコさんにお伺いを立てたところ

京ユ「よろしくてよ!」

と快諾いただきました。




表向き、このリレー・エッセイではわたくしピエモンテおユウコが独走を続けておりますが、
水面下ではこのようなやりとりが
わりと日常風景だったりする
京都とピエモンテのおユウコふたり。



今日も平和ですね、京都おユウコさん。




[PR]
# by futarinoyuko | 2017-04-30 18:36 | ピエモンテ

京都おユウコさん、
私、ちゃんと考えてみましたよ。


d0344845_23273715.jpg

【経緯】
私(ピエモンテおユウコ)が上記の写真(職場であるブドウ畑、自然がいっぱい)を某SNS上に投稿したところ
以下のやりとりがありました。

京都おユウコ(以下、京おユウ) 「美しいなぁ。こういう景色を毎日見て過ごしたいです」
私    「私、そんな生活をしているのですね。有り難いことです」
京おユウ 「葡萄馬鹿になる以外に、こういうところで暮らせる手立てがあればなぁ!」
     (註:「葡萄馬鹿」はピエモンテおゆうこの別称)
私    「まじれすすると。ドッグシッター!布花作家イラストレーター続けながらできるし!」
京おユウ 「なにそれ天職!!しあわせすぎない?」
私    「続き、リレーエッセイに書こうかなぁ…」
京おユウ 「書いて」

とね。



京都おユウコさん、
この話、まんざら軽冗談ともいえないですよ?

というのが。

京都おユウコさんもご存知のように、
こちらの犬飼育比率はなかなか高いんです。
で、こちらの人ってバカンスに半ば命かけてるでしょう?
そうすると、愛犬を連れては行けないようなバカンスに行く場合は
どこかに預けていかなければならないわけです。
それで聞いた話によると、
これがひどい話なのだけど、
バカンスに行くというので、犬を捨てていっちゃう人非人もいるとか。
それは、社会問題の一つでもあるんですって。
まあそれは特殊な例としても、
やはりこちらにもペットホテル的なところがあるそうです。
ところが、
職場の同僚アルマンドに聞いたところ
「僕の友人が時々利用するんだけどね、そこではあまり餌を与えないんだって。
だから友人が帰ってくる時にはいつもお腹空かせてるんだって言ってた」
と。
つまり、その一施設に関してだけの情報だけど、
あまり待遇は良くなさそうですね。
そうするとですよ?
そうするとですよ、京都おユウコさん。
もうおわかりですよね?
そう。
京都おユウコさんがドッグシッターをすればいいんですよ!
私、需要あると思いますよ。
安心して愛犬を預けられるきちんとした日本人女性ドッグシッターさん。
いける!
それで、犬たちの面倒を見ながら、京都おユウコさんはアーティストとしての制作活動も続ける、と。
いける!!
写真のような景色なんて、うちの職場に来れば見放題。
いける!!!


京都おユウコさん、
こんな天職、ないんじゃないですか?


さ。
おユウコさん、
私、めぼしい物件探しはじめときます?



[PR]
# by futarinoyuko | 2017-04-25 21:45 | ピエモンテ

説得力のあるもの


京都おユウコさんがお手製ロールケーキの写真をInstagramでアップしていた。
私はこのロールケーキが猛烈においしいことを、実は知っている。
ついでにいうと、
彼女の焼くウィークエンドシトロンも激烈においしい。

Instagramのその写真を見ていて思ったこと。

静かであたたかい愛のこもったおいしいものと
このうえなく不器用で真っすぐなひとの唐突な抱擁とは
もんのっそい(ものすごい)説得力を持つ。
そして、
それを受けるひとに、
もんのっそいエネルギーを与える。

んじゃないか、と。
さらに、
そのパワーは計り知れないんじゃないか、と。

この「おいしいもの」と「抱擁」とが
どうして並列にでてきたのかは、
ピエ子(ピエモンテおゆうこ)にもいささか謎なのではありますが。


でも、
ね、
そうでしょう?
京都おユウコさん。
私の思ったこと、
きっとそうですよね?

[PR]
# by futarinoyuko | 2017-02-26 07:11 | ピエモンテ